これでもウエディングプランナーですが何か?

プランナーけこの頭の中、結婚式の裏話とまじめな話、ブログ運営について

自己負担0円で結婚式をめざす方法

f:id:uraplanner:20190225174501j:plain

ご祝儀の相場

結婚式がしたくてもお金がない、貯金がないからできない、と嘆いているあなた。

それは間違いです。

 結婚式にかかる費用は自己負担がすべてではないということを忘れてはいないですか?

結婚式には「ご祝儀」というものがあり、招待客がそれぞれ持ってくる3万円~10万円ほどのお祝い金のことです。

 「自己負担0円で結婚式ができた!」という話を聞いたことがありますか?

これは、結婚式にかかった費用が頂いたご祝儀ですべてまかなえたということ。

なかにはご祝儀の方が多くて新婚旅行にも行けた!という強者も。

 

ここで、ご祝儀の相場を書いておきます。ただし、必ずもらえるという保証がないことは忘れずに。

友人:3万円

上司:3万円~5万円

親戚:5万円

おじいちゃん、おばあちゃん:10万円~たくさん

計算するときは一人あたま4万円とよく言われます。

 

ゲスト人数が

20人で80万円

30人で120万円

40人で160万円

50人で200万円

60人で240万円

70人で280万円

80人で320万円

ここで何かピンとこないデスカ?

 

20人で80万円・・・

「う~ん、80万円で結婚式できるって聞いたことないなぁ」

70人で280万円・・・

「ん?これくらいの金額は聞いたことあるぞ!」

80人で320万円・・・

「お!320万円あったらちゃんとした結婚式できるんじゃないか!?」

当たりです。

人数が多いほど実は自己負担が少ないというウエディングマジックなです。(うまく言った)

しかも、ゲストがたくさんいればいるほどパーティーも盛り上がって楽しいー(≧▽≦)

「でも、80人も集まんねー」

大丈夫。

やり方によっては40人160万円とかそれ以下でも結婚式を実現したカップルも実在します。

結婚式をあきらめる前に、ゲストを何人呼べるか考えてみましょう。

 

f:id:uraplanner:20190222233636j:plain

自己負担0円を目指す方法

自己負担0円に手が届く一番の近道。それは・・・

ズバリ

契約前の見積もりが安くなるように交渉すること

何事も基本が肝心。これがすべてと言っていいほど。

 

結婚式を安くするにはゲストを集めるだけではだダメ。

まず最初に行うことは、最初の見積もりを安くすること。

いわゆるブライダルフェアに参加して出してもらう見積もりですが、これは営業マンの手腕で安くも高くも見せることができるのです。

ほとんどのカップルが見積もりの内容を理解できないまま騙されてしまうのがここなのです。

で、ここからは騙されないように自分たちカップルが見積もりの主導権を握るというお話。

まずは、

「これで結婚式ができるという抜けのない見積もりが欲しい」と言ってみましょう。

その上で、

「貯金がないのでなるべく安いところで考えている」とはっきり言うことです。

こう言われれば、

安かろう中身がなかろうのカッスカスで抜っけ抜けの見積もりを普段から出している式場の営業マンも

「こいつらはごまかせねーな。」

と思うはず。

 

年の為言っておきますが、うちはカッスカスの抜っけ抜けの見積もりを出しているわけではないですよ。

うちの式場は、ゼクシィの営業さんに「信用できる見積もり」とお墨付きをもらったことがあるのです。

どや。

 

話はそれますが(すでにそれている)

たとえば・・・

「予算はよくわかんな~い。いろいろこだわりもあるしぃ~。」

って、夢見がちなカップルは、ノリと勢いであっという間にギラギラの目つきのベテラン営業マンに成約に持っていかれます。

ちーん。

なので、ここはお金がないけど本気で式場を探しているというアピールをすることが大事なのです。

実は、そういうカップルは納得の金額を出せば成約してくれる確率が高いとわかっているから式場の営業マンも、真剣に考えてギリギリまで値引きをしてくれるのです。

 

ちなみに、式場は2~3会場回って決めることをお勧めします。

ただし、いかにも高そうな式場を2~3会場回っても意味がないのです。

その点に関しては「A式場は高い」「B式場は安い」というざっくりした情報はネットなどでいくらでも手に入るので情報を入手しておいてください。

そして、式場を回っているとブライダルフェアでプランナー(営業さん)話すと「他に行かれた式場は?」と、ほぼ100%の確率で聞かれます。

その時は正直に答えること。

そして「比較して見積もりを出しましょうか?」言われた時は喜んで他社の見積もりを渡してもいいんです。

むしろ言われなくても渡すのが正解。

そうすると、ほぼ同じ中身の見積もりを作ってくれて値段の比較が容易になるのです。

  

f:id:uraplanner:20190223004811j:plain

やりすぎはNG!値切り、もとい交渉のエスカレートは信用をなくします

ここまでの話は理解していだけたでしょうか?

ここからはモラルの問題です。

こんなことを考えている人即やめましょう。

これは法律で禁止されてるわけでもなく、やったところで通報されるわけでもなし、違反行為にもなりませんが、モラルの問題としてこれはダメだよ、と伝えようと思います。

 

あるカップルがいます。

そのカップルはA式場が気に入りそこに成約しようと心に決めていました。

ところが、その時「欲」という感情が頭をもたげてきたのです。

その後カップルはB式場に行き、

「A式場さんと比較しているので、安くしてくれればB式場さんにしようかと思っている」と嘘をつきました。

B式場はよろこんで安い見積もりを渡しました。

そのB式場はA式場より設備なども劣るのでいわゆるランクが違うので(シティホテルとビジネスホテルの違いみたいな)、安い見積もりが出せるのは当然です。

安いのが売りの式場とも言えます。

そのB式場の見積もりをA式場に持って行き

「まだ迷っている。B式場さんも気にいっているのでB式場さんより安くしてくれたらA

式場さんに決めようと思う。」

と交渉を始めました。

本来、式場のランクが違うのでB式場と比べるのは筋違いなのです。

でもこのご時世、ほとんどの式場は損をしなければ仕事はほしいのです。

A式場は本当にぎりぎりの値引きをしていたのですが、成約が無くなるくらいなら利益が0円にならない限り頑張ろうと思い、さらに安い金額の見積もりを出しました。

そうしたら、なんとその見積もりをB式場にもって行きまた同じことを繰り返したのです。当然、B式場はさらに値段を下げてきました。

安いのが売りの式場なので。

カップルはその見積もりを持ってA式場に戻ってきたのですが、プランナーは

「これ以上は無理です。他の式場さんをお探しください。」

とお断りしたのです。

 

なんでも思い通りになるとは限りません。

行き過ぎた行為は自分の夢をもつぶします。

結婚して親になるかもしれない人は、限度を知るという大切なことをわすれてはいけないと思います。

もし、それで成約にいたってもプランナーは心から祝福する気持ちになれないかもしれません。

プランナーも人間ですから。打ち合わせのたびに、

「ごり押しをしてくれるかもしれない」

と警戒心がずっと解けないかもしれないですね。

 

それと、この業界は結婚式場同士つながっていることがあるって聞いたことありませんか?

めったにないけどあるところにはあるんですよ。

ふふん。

ライバル式場のプランナ同士がプライベートでは友達だったり、式場を転々としている営業さんがいるとしたらたくさんの式場スタッフに知り合いがいて情報が筒抜けだったり。

だから、そんなことすると速攻バレることもあることを覚えておいてくださいね💛

 

f:id:uraplanner:20190223003748j:plain

まとめ

最後に、ちょ~っと厳しいことを思うまま書かせていただきましたが、これはほんの一部のモラルのないカップルへの警告。

ほとんどの善良なカップルはそんなことしないと思います。

 まずは、結婚式がしたいという気持ちがあれば、自分たちだけで考えない。

「できない」と完結しないて結婚式場に行ってみてほしいです。

本当に無理なら断ればいいし、成約しなければいいだけの話なのですから。

とにかく前にすすんでみよう!

 

今後は、成約後の打ち合わせのポイントも書いていく予定です。

では、また。