結婚式場さがし

結婚式の予約は何か月前がお得?現役プランナーが本当のこと教えます

結婚式を間近のカップル

この記事では結婚式をお得に実現するには何か月前に予約をするのが正解なのか?またその理由は何故なのかをを説明するしています。

「予約の仕方で結婚式を安くする方法があれば知りたい!」

「飛行機のチケットの早割みたいに予約する時期によってお得になることある?」

「お得な結婚式にするには何か月前の予約がおすすめな?」

とにかく何か月前がいいのか教えてくだされ、と…

みなさん、そういうことですよね。

シーズンによってお得になったりお日柄によって値段が変わることはそれなりにあります。

でも、予約するタイミングが何か月前だったら安くなるのかの情報があまりありません。

そこで、今回はこんな疑問にお答えしています!

この記事の内容

  • 結婚式をお得に予約するには6か月前がおすすめ
  • どうして6か月前がいいのかその訳
  • もっとお得な結婚式にしたいなら1か月前の予約!
  • それぞれの時期に予約するメリット&デメリット
  • 最後に結婚式場の見学だけで電子マネーがもらえる得する情報

何か月前に予約をするとお値引きが多いとか値引きが少ないとか…

そんなことは

100%結婚式場の都合!

結婚式場の関係者でない一般の(?)人が答えるのは無理。

今回の記事は、ウエディングプランナーを20年続けていて今も現役プランナーとして働いている私が

結婚式場の裏事情を暴露しながら自信を持って書いています(笑)

なので、聞きかじった情報やいいかげんな情報ではないことをお約束します。

では現場の声をお届けするよん。

もくじ

結婚式の予約は何か月前がお得?答えは【6か月前です】

とりあえず、6か月前まではあわてて予約をしないことをお勧めします。

ブライダルフェアに行くと必ずといっていいほど言われる

「今予約しないと日が埋まってしまいますよ!」

これは気にしなくていいです。

そんなだったら、結婚式場は予約がいつでもいっぱいで無理な売り込みはしてきません。

ですよね?わかりますよね?

空いているのを埋めたいから必死になって「埋まるよ~!」って言ってくるのです。

ということは、たいていどこかしらの日にちはあいているということなのです。

なので、成約をものすごくプッシュしてくる結婚式場は(どこでもやってますが酷いところはある)

躊躇なくふりきって自分達の思うペースで結婚式場探しをしてください。

なんなら「埋まってもいいです!」ぐらいに言ってみましょう。

次に問いあわせた時に「キャンセルでました」とか言われますので(暴露)

結婚式を6か月前に予約するとお得な理由

カップルが何か月前に結婚式の予約をするのか?

ゼクシィトレンド調査2018調べのデータがここにあります。

1年以上前 21%
1年~6か月前 57%
6か月以内 22%


これを見ると78%カップルが半年前にはすでに結婚式場を決めています。

残りは22%しかありません。

結婚式場としては、6か月以内の日にちがすべて埋まっているなどということはほとんどありません。

まだ空きはあります。

ということは、プランナーとしては22%のカップルで空いている日にちを埋めていかないといけません。

何もしないでは埋まらない!というのが今の世の中。

カップルは減少してきていますからね。

だいたいこの時期からどこの結婚式場でも「お急ぎ婚特典」とか「期間限定特典」とかを出してきて価格競争が本格化します。

6か月は半年という区切りのいい時期ということもあって「半年以内のウエディング特典」というようにカップルに覚えてもらいやすいですしね。

結婚式の予約を6か月前にするのメリット3つ

メリットは下の3つです。

  1. お得な特典が付いてくる
  2. 空いている日にちが選べるくらいにはある
  3. 準備期間も十分ある

①お得な特典がついてくる

上記の説明のとおり、半年というちょうどいい区切りで「〇〇特典」という特典をつけてくる結婚式場が多い。

②空いている日にちが選べるくらいにはある

結婚式場が「特典」を出し始めたころは、空いている日にちが早々に埋まることはないです。

結婚式場のプランナーが「すぐに埋まる!」と言っても、今日明日中に埋まることはないと思ってもいいでしょう。

そもそも、「すぐに埋まる!」のなら、わざわざ売り上げを下げるような特典なんかつけませんって。

ちなみに、特典をほとんどつけないでしれっと営業している結婚式場はしっかりと日にちが埋める可能性があります。

特典を付けて値引きをしてくる結婚式場の心理を考えると予約状況って予測できるものです。

なんやかんや言いましたが、結婚式場で直近6か月で全部うまっているというところはめっちゃ少ないです。

最近では実際に聞いたことないです。

③準備期間も十分ある

結婚式場のプランナーとの打ち合わせが始まるのは4か月前ということを考えれば、準備期間が少ないということはありません。

4か月前は招待状の準備をする時期でもあり、それより前は絶対にやるべき宿題はないのです。

結婚式場の予約を6か月前にしても

「じゃ、遅れているので急いで打ち合わせを始めましょう」

てことにはならにので心配ご無用。

結婚式場の予約までに時間に余裕があるので

なんなら、いつでも開始OKな指輪の相談とかエステとから初めていてもいいでしょう。

ペーパーアイテムのデザインを二人で相談するのもおすすめ。

結婚式の予約を6か月前にするデメリット2つ

デメリットは下の2つです。デメリットは少ないですね。個人的にはそれほどのデメリットにはならないと思っています。

  1. 結婚式の日が決まらない焦りが出る
  2. いい日柄が選べない可能性がある

①結婚式の日が決まらない焦りが出る

まわりを見ると、なんか1年ぐらい前に結婚式場を予約しているし…

自分達は遅れてるけど結婚式ちゃんとできるのかなぁ。

どうしても回りとくらべると焦ってしまいます。

結婚式を安くあげるためには焦りは禁物だけど、この気持ちをコントロールできなければストレスだけたまってデメリット。

実際は焦ることはないのですけどね(*^-^*)

②いい日柄が選べない可能性がある

まったくないとは限りませんが、希望の日柄や時間帯が選ぶほど無いときがあります。

その可能性があるということで、日柄を気にする人にはデメリットです。

6か月前に結婚式を予約する予定なら事前に家族に相談して日柄のことはまかせてほしいと了解を得ておくのが賢い方法。

6か月前の予約なら安くなるとかそんなことたぶん知らないと思うので、そんな事情も話しておくといいですよ (;^ω^)

結婚式をさらに安くしたい場合は何か月前の予約かいいのか?【1か月前が激安】

チャレンジしたいなら1か月後の結婚式を狙ってみよう。

私は3週間後の予約を受けたことあります(事実だよ)

1か月前に予約をすると激安の理由

1か月後の日にちなんて…空いていたとしても結婚式の予約が入るなんて確率一桁。

結婚式場としては「ほぼボランティアぐらいの金額でも予約を入れたい日」なのです。

損しなかったら万歳!\(^o^)/

プランナーの気持ちとしては打ち合わせもぱぱっと短期間で済ませられて結婚式して利益確定!なんて楽ちん♪

最速で終わる仕事はありがた~いお仕事なのです(≧▽≦)

だからがんばってプランナーは値段を下げてくるハズ。(あくまで私の場合)

結婚式の予約を1か月前にするメリット3つ

メリットは以下の3つ

  1. 持ってけドロボー!ぐらいの激安で出来ることがある
  2. 打ち合わせがパパっとも終わって忙しい人には嬉しい
  3. 結婚式の日が近いと招致客の予定もはっきりする

①持ってけドロボー!ぐらいの激安で出来ることがある

結婚式場はとにかく安い価格を出してくる可能性が高いです。

あなたを逃せばこの日に予約をしてくれる人は今後出てこないと思うので必死だ。(笑)

6か月前の予約の場合は、あなたが予約をいれなくても別のカップルが予約を入れる可能性は、低いなりにあります。

なので6か月前の予約より1か月前の予約の方が安い金額ぶつけてくるは可能性は大!!

②打ち合わせがパパっと終わって忙しい人には嬉しい

打ち合わせを効率よくすませたいカップルは一度の来館でまとめて時間をとってもらうことができます。

通常は1回の来館で一組のカップルに費やす時間は30分とか1時間とか分刻みで決まってますが(そうでないところもある)

1か月後に式がせまったカップはまとめて打ち合わせをおこなってくれるから楽々。

決して手抜きではなくあくまで「まとめて」なのでその辺はご心配なく!

手抜きしたら大変なので (;^ω^)

③結婚式の日が近いと招待客の予定もはっきりする

招待客の予定がはっきりするので出欠の確認があっという間にできる。

「もしかしてその辺りで出張かも~」

とか言ってごまかされることは少なく白黒はっきりします。

結婚式の予約を1か月前にするデメリット5つ

デメリットは下の5つ。なんとメリットを上回るデメリット(笑)

  1. 日にちが空いていない確率が非常に高い
  2. 空いていてもお日柄がよくなかったり時間帯が悪かったりする
  3. 招待客が集まらない
  4. 打ち合わせがゆっくりできない
  5. 手作りアイテムを作する暇がない

①日にちが空いていない確率が非常に高い

当然のことながら、日にちがあいていないことの方が多いです。

が、結婚式場を選ばなければ必ず空いていますので頑張って!(*^▽^*)

②空いていてもお日柄がよくなかったり時間帯が悪かったりする

空いていればラッキーなぐらいなのでお日柄や時間については文句は言えないです。

「そんなの全然気にしてない!」

ということであればデメリットにはならない(笑)

どうしてもお付き合い記念日にしたいとか日柄重視といういう人は問題外。

1年前に予約しようね。

③招待客が集まらない

結婚式の日にちが近すぎて予定が埋まっている人が多いかも。

来てほしい人が来てもらいないと意味がないので、どうしても来てほしい人には事前に確認も必要!

それでも招待客が減るのは事実。

招待客が減ることによって損をすることもあるので注意!

招待客が減った時の金銭的はデメリットはこちらの記事読めばわかります。

https://www.plannerkeko.com/entry/wedding-chokin-nashi-jikofutan-nashi

④打ち合わせがゆっくりできない

打ち合わせが手抜きということはないけれど、まとめてすることによってじっくり考える時間も減ってしまいます。

いったん決めたことを家でゆっくり考えなおしたりする時間はあまりないかもしれません。

打ち合わせもまとめてなので、ゆっくり検討する時間もなくパパっと進んでしまします。

ドレスも一回の試着で決めるぐらい駿足デス。

迷うことがキライな人はいいですが、迷いながらじっくり検討したい人には後悔が残るかもしれないですね。

⑤手作りアイテムを作成する暇がない

ウエルカムスペースを飾るアイテムやウエルカムボードの手作りが出来ない可能性があります。

器用な人ならささっと作れるかもしれませんが、のんびり屋さんが色々考えているとあっという間に時間が過ぎてしまいます。

手作りしたい人は結婚をすると決めた時から少しづつ作っておくようにするといいですよ

結婚式を1か月前に予約するのって結局どうなの?

正直、1か月前を狙うのはチャレンジャーです。

狙った日にちを1か月前に予約しようと思うのは本当に無理!間違い!

たとえば、8月1日にしたいと思っていて

「じゃあ、7月1日までブライダルフェアに行くのはやめよう」

というのは非常に危険!!

まず二人で相談して『結婚式を予約しても良いと思う期間』を決めよう。

「デメリットなんか問題なし!とにかく早く結婚式を挙げたいから1か月後でもいいし、空いていければ6か月後でもいい」

という気持ちなら理想的。

1か月後から6か月以内の結婚式を考えているとプランナーに伝えてみよう。

たいてのプランナーは一番早くて空いている日を提案してきますよ。

それも激安で (*^▽^*)

それがたまたま1か月後の日にちが空いていて激安見積もりを出してもらえらたラッキーだし

6か月以内の日にちでという余裕があるなら1か月後が空いていなくても問題ないですからね。

ということで

結婚式の予約を1か月前にすることの注意点はこれ!(≧▽≦)

  • 結婚式をしたいと狙っている日の1か月前まで待ってからブライダルフェアに行くのはNG!日にちが空いていなかったらショックだよ (T T)

  • というか、1か月前は狙うんじゃなくて空いてたらラッキーだと思うことを忘れないでください!

何度も言いますが、1か月以内の挙式は結婚式場としては喉から手が出るほど欲しいので激安になる可能性が高い。

激安になる可能性が高いというだけで必ずなるとは限りません!

選ぶ式場によっては安売り競争に参加しないところもあります。

「うちの式場はお金ない人には来ていらないいのよね」

というところの結婚式は安くできないので気をつけましょう。

選ぶ式場を間違えないようにしてくださいね(笑)

確実にもっと安くする方法:結婚式場の予約サイトを通して予約する

結婚式場の予約が6か月前なら安くしてもらえるという内容でしたが

さらに安く結婚式を安く挙げる方法があります。

式場を回る時の予約方法を変えるだけで、100万円相当の値引きが余裕でしてもらえるというものです!

ですので、絶対に結婚式場に直接予約の電話を入れないでください!!

日本には結婚式場予約サイトというのがたくさん存在します。

その結婚式場予約サイトの中で、ローラのCMで名が知られることになった『ハナユメ』というサイトがあります

今ではカップルの間で

「安く結婚式を挙げたければ『ハナユメ』を利用するのが当たりまえ!」

というぐらいに有名になっています。

『ハナユメ』は結婚式場に対して『ハナユメ割』という大きな値引き特典を設定することを条件にしています。

普通なら結婚式場にとってはおいしくない話のように思えますが、その条件を飲んででも『ハナユメ』に掲載したいと結婚式場は考えているのです。

ハナユメの利用者は増え続けていからです。

もはや、ブライダル業界は格安の結婚式を提供しているハナユメ経由でなければお客様が来てくれないというところまで切羽詰まっている状況とも言えるのです。

格安航空券の買い方はご存知ですか?

専門サイトを通して購入します。航空会社から直接購入しません。でも、利用する飛行機は同じですよね。

それと同じです。

「ハナユメ」を通してブライダルフェアに参加し、格安結婚式をする流れにブライダル業界はなりつつあるのです。

そして、最後にお得なキャンペーンのお知らせです!(≧▽≦)

結婚式場を3件回ると40,000円がもらえるキャンペーン実施中!

結婚式を安く挙げられるだけでなく「ハナユメ」ではただいまキャンペーンを実施中!

エントリーして結婚式場を3件回るだけで40,000円分の電子マネーギフトがもらえます。

万が一見学した結婚式場が気に入らなくて予約にいたらなくても大丈夫

結婚式場を3件回るだけで40,000円もらえるのです!

会員登録やエントリーはもちろん無料!

  • エントリー期間:~2019年7月22日
  • 式場見学期間:~2019年8月4日

エントリーは30秒で完了します💗

公式ホームページはこちら

👇

ハナユメ

『ハナユメ』に掲載されていない結婚式場は安くならないの?

ハナユメにには実は掲載されていない式場があります。

それはハナユメの契約料が高額で(業界情報だだもらし)契約していない式場も多いからです。

契約料を払うくらいな成約してくれたカップルに還元したほうがいいと考えている式場も。

ハナユメに掲載されていないなら金額は高いんだなと思うのは間違いですよん。

ちなみにこの表をご覧ください。

  会場掲載数
ハナユメ 600件
ゼクシィネット 2500件

大きな差があります。ゼクシィはほぼ全国の結婚式場を網羅しています。

ハナユメにお目当ての式場が見つからないことがあります。

だったら、その結婚式場では安くできないのか?といえがそういうわけではありません。

交渉は必要ですけどね。

こんな風に言ったらいいのです。

「ハナユメに掲載されてた結婚式場のブライダルフェアにも参加するんだけど『ハナユメ割』に相当する割引きはないんですか?」

もう、ずばり言っちゃう。

結局、結婚式場としては成約につなげたいわけですからね(笑)

「じゃあ、ハナユメさんのプランに合わせます」

みたいな話になって特別な見積もりを出してもらうことを期待してもいいでしょう。

ちなみに『ゼクシィネット』でも3件回って40,000円がもらえるキャンペーンが開催されているのでこちらの登録もぜひしておきましょう。

「ハナユメ」と「ゼクシィ」両方使えば8万円ゲットも現実に!(≧▽≦)

公式ホームページからエントリーできます↓




結婚式の予約は何か月前がお得?現役プランナーが教えます:まとめ

安くしたいのに「日にちが埋まることだけ気にして予約するタイミングを間違ってる人多いですよね。

慌てないことが大事です。結婚式場は日にちが近いほど安くしても埋めていきたいものです。

以下まとめです。

  • 結婚式の予約は6か月前になるとお得になるところが多いので慌てないこと。

  • 挙式が1か月後でもいける!と思うなら激安にできる可能性がある。

  • 日にちをきっちり決めないで空いている日にちでもOKという気持ちで結婚式場を探そう。

  • 「ハナユメ」と「ゼクシィネット」を利用して安い見積もりと商品券をゲットするのがおすすめ

結論:決してあわてないでね。結婚式場が1年前から日にちがうまることないからね💗

ということで

ここまで読んでくれてありがとう💗

では またっ