結婚式

結婚式当日の流れと新郎新婦の動き。プランナーの動きもわかって安心!

結婚式のウエルカムドリンク
 

プランナーにとっては当たり前にわかっている結婚式の流れですが、新郎新婦にとっては初めてのこと。

 

「当日の流れを教えてください!」

「何時に来たらいいんですか?」

 

と、まだまだ先の話なのに気になってしかたがなさそうです。

 

そんなあなたの為に、結婚式当日の流れをざっと紹介したいと思います。これを読めばプランナーより詳しくなれますよ(ウソ)

 

 

 

 

結婚式当日の流れと新郎新婦の動き

今回は、挙式(チャペル)開始10:00~のスケジュールで説明します。

新郎新婦、結婚式場に到着

8:00

結婚式場によって違いますが、来館後にすることは「おしたく」と言われるヘアセット&メイクだけではありません。

 

到着後は、打ち合わせ室にいったん入っていただくこともありますし、ブライズルーム(新郎新婦の控室)に案内されることもあります。そこで当日持ってきた物をプランナーに預けます。指輪などです。

 

 

新郎新婦、おしたく開始

8:30

おしたく中、またはおしたくが終わったころに、当日の流れを司会者が確認します。司会者との打ち合わせは結婚式の準備中は頻繁にはありませんが、当日は最終確認として必ず打ち合わせをします。

 

お名前の読みの確認や、電報を読む読まないなどの確認が主です。その時に疑問点などあれば遠慮なく言ってくださいね。

 

 

ファーストミート

9:15

ファーストミート聞いたことありますか?

 

新郎新婦が別々の部屋でおしたくをしてお互いドレスアップが整ってから始めて対面するというセレモニーです。新婦は新郎への手紙を読むことが多いので手紙を持って新郎のところへ向かいます。場所はチャペルであったりガーデンであったり。他の人がいないところで行います。

 

もちろんその場所へはスタッフが誘導しますので、新郎に渡したいものがあったらプランナーに言っておきましょう。忘れそうになっても「手紙は持ちましたか?」と確認してくれますよ。

 

ちなみにファーストミートは必ずしも誰もが行うセレモニーではありません。

 

 

挙式リハーサル開始

9:30

新郎新婦が早いうちから心配することが多い「挙式のリハーサル」です。挙式のリハーサルには挙式で役割がある人全員が参加します。

 

新婦父(バージンロード一緒に歩く)、新婦母(ベールダウン)、新郎姪(フラワーガール)、新婦甥(リンガボーイ)などなど。

 

そういった人達には事前に「〇〇時までに、控室にいらしてください」とプランナーからお願いがあります。それを新郎新婦がみなさんに事前に伝えていただくのです。

 

当日は挙式のリハーサルの少し前に、プランナーがお声がけしてチャペルまでご案内します。

 

ここで、新郎新婦からこんな質問も・・・。「挙式当日ではなく、別日にリハーサルはできないの?」

 

これに関して言うと、ほとんどの結婚式場が、挙式のリハーサルは挙式当日のみと決めています。なぜなら、挙式に関わる牧師さんやオルガニスト、聖歌隊などは挙式当日にしか来ないからです。

 

そして、挙式のリハーサルは彼らが行います。足の運び方や、立ち止まる位置など20分ほどかけて教えてくれます。

 

「当日にリハーサルしても覚えきれない!」

 

いやいやいやいや~(笑)反対に聞きますが、前もってリハーサルしてずっと覚えていられますか?(どや?)

逆に、覚えていられる人は挙式当日の説明だけでもばっちり理解できてサポートなしでも動けますよん。

 

さあ、このへん、厳しくいきますよ~ いいですか~?

 

前もって教えてもらって当日も教えてもらうとなると、人件費という費用が倍かかります。それにチャペルの利用料なども考えるとちょっと無料では難しいのです。

 

そもそも、挙式の流れは覚える必要がないのです。挙式が始まって頭が真っ白になっても、動き方はプランナーや牧師さんがその都度わかるようにしてくれます。

 

それでも、挙式の流れが知りたいということであれば、プランナーに口頭で説明してもらいましょう。

 

中には、事前にリハーサルしてもらったよ!という先輩カップルもいるかもしれませんが、少ないと思います。この辺は、あなたが選んだ結婚式場の規約に従ってくださいね (*^。^*)

 

 

挙式開始

10:00

もうプランナーにさるれがままです。それでいいです。はい。

 

チャペルにゲストが案内される間、新郎新婦や新婦父はゲストに見られない部屋で待機しています。メイクさんなども一緒にいてくれて最後までメイクの崩れなど気にしてくれるのでご安心を。

 

ゲストが全員がチャペルに入ったらチャペルの扉の前に新郎新婦と新郎父が移動。そこからは流れにのって挙式です。

 

「途中で、やることわからなくなったらどうしよう?」

 

心配しないでくださいね (*^-^*)

 

挙式中に動きを忘れてもプランナーや牧師さんが隣でこっそり教えてくれます。ジェスチャーでわかるようにとか、こっそり耳打ちとかしてくれます。「ここで止まって」とか「ここまで来て」とか「向き変えて」とか。

 

心配しないで挙式に臨んでくださいね (*^-^*)

 

 

ガーデンでフラワーシャワー

10:50

新郎新婦はチャペルから退場したらすぐに別室に連れて行かれます。そしてゲストはチャペルの外へ誘導されてフラワーシャワーの準備を行います。

 

ゲストがスタンバイしたら新郎新婦が別室から出てきて扉オープン!再登場です。

 

再登場の直前には、腕の組み方をチェックしてもらったり、歩くスピードを教えてもらったりと、扉が開く前に丁寧に教えてくれます。「扉が開いたら一礼してくださいね!」なんてこともちゃんと教えてくれます。

 

勝手に行ってこ~い!というのはありませんのでご心配なく。

 

多くの式場は屋外でフラワーシャワーを行っていますね。ところが屋外の設備が無い場合は、フラワーシャワーをチャペル内で行ったりそもそもフラワーシャワーがなかったりします。

 

 

ゲスト全員で集合写真の撮影

10:45

ガーデンで集合写真というのが一般的になりつつあります。ということで披露宴前のこの時間に集合写真撮影を行います。

 

雨が降った場合は館内での撮影になります。撮影スタッフの誘導で何も考えずに進んでおっけーです。

 

 

新郎新婦、ブライズルームで入場の準備

10:55

披露宴が始まる少し前にゲストは披露宴会場に移動します。スタッフがすべて誘導しますので、新郎新婦はメイク直しやヘアセットを整えるためにブライズルームに連れていかれます。ドナドナド~ナ~。

 

 

披露宴会場入場

11:00

入場前は、扉の前で歩く道筋を説明されます。たいていの結婚式場は新郎新婦が歩く道を確保しながらテーブルセッティングをしていますので、どこを歩けばいいのか見たらわかるようになっています。

 

中には、スタッフが新郎新婦の前を歩いて先導するというスタイルをとっているところもあるみたいですが(←古いです)

 

それだけは私理解できません。写真撮るのにじゃまくさいやん? そんなことはどーでもいいですね。はい。

 

入場したら今度は、新郎新婦のメインテーブルの方を見てください。プランナーがにこやかに待ち構えています。

 

そのプランナーに向かって進んでいけば、座り方も教えてくれる上に、椅子をひいたりドレスをさばいたりもしてくれます。本当に、頭空っぽで歩いても大丈夫です。

 

万が一ドレスの裾を踏んだりしたら、そのまま慌てて進まずに少し立ち止まって見ましょう。様子がわかったプランナーが飛んできて、ささって歩けるようにしてくれますよ。(うん、これできなかったらポンコツプランナーや)ドレスを着たら基本的にすべてやってもらえると思ってください。

 

その後のスピーチだとか、演出だとかはプランナーが「こうしてああして」と教えてくれます。

 

ここでは、披露宴中の細かな流れは省きます。

 

 

両親への手紙

13:00

手紙→花束贈呈→謝辞→エンドロールを20分ほどかけて一連の流れで進みます。手紙などもプランナーに預けておくので、プランナーが手紙と花束を持って新郎新婦のところにやってきます。

 

「そろそろおひらきの時間が近づいてまいりました」というのが合図ですね。

 

 

お見送り

13:20

エンドロールが上映されている間に新郎新婦はお見送りの場所へ連れて行かれます。そこでメイクさんと美容師さんにメイク直しやヘアセットの手直しをしてもらいます。泣いてますからね (´;ω;`)ウゥゥ 

 

そして、両親が披露宴会場から出てくるを待ちます。両親は家族にご自身の荷物を預けたりスタッフに預けたりしてお見送りに参加。

 

新郎新婦の両サイドに並ぶというアレですね。並び方はプランナーが教えてくれるのでご安心を。

 

その間に、両家写真をスナップカメラマンに願いすることをお勧めします。続々とゲストが会場から出てくるのでほんの数十秒しか時間がありません。

 

無理な場合もありますが、両家並んでカメラ目線で真正面から写真がとれる瞬間はなかなか無いのでチャンスです。

 

お引き上げのおなおし

13:30

お見送りが終わったら、ブライズルームに戻って着替えをします。式場によってそのタイミングは違います。次の結婚式が控えているときはあっという間にブライズルームに連れていかれるでしょう。

 

反対に、次の結婚式がなければ少しだけ友達とスナップ写真を撮ったりする時間をくれるかもしれません。ただし、どこの結婚式場も無限に時間があるわけではないです。時間をオーバーしてまでいつまでもドレスのまま余韻に浸らせくれることはありません。

 

無理をお願いしたら延長になるかもしれないので気を付けてくださいね。

 

「ドレス脱ぎたくない~~~~(泣)」と思っても、あきらめてください(鬼)

 

 

 

結婚式当日の流れや新郎新婦の動き方。 のまとめ

あなたが結婚式当日の流れを心配している理由は、自分で動きを把握しておかないといけないと思っているからではないですか?大丈夫ですよ (*^-^*)

 

結婚式当日は、新郎新婦は心からリラックスしてもらえるように、すべてにおいてプランナーが誘導してます。

 

ぼんやりしていても、椅子に座らせてもらえる、両親への手紙は差し出されるし、何も考えることはないのです。ただ、楽しんでいてください (*^-^*)

 

とはいうものの、前もって予習や練習をしておいた方がいいこともあります。それは、結婚式当日の流れに関係ないのですが、プランナーがどうすることもできないことです。

 

ずばり、「正しい姿勢が出来るように」です。

 

「ドレスを着てないから練習できないよぉ」

 

甘ったれたこと言うんじゃありません(笑)ドレス着てなくても姿勢悪いんだから、まずは普段の姿勢からどうにかしなさ~い ! (≧▽≦)

 

姿勢の悪い人はどうしても前かがみになったりします。そういったことはプランナーの力が及ばないところなので、普段から意識して過ごしてほしいです。何度言っても前かがみ・・・。どうにかして欲しいと、結婚式当日に何度もいいますが、出来ない人がほとんど(泣)

 

結婚式当日の流れは把握できましたか?それでは、宿題は必ず結婚式当日までに仕上げてきてくださいね。

 

プランナーけこからのお願いです (*^-^*)

 

ハッピーウェディング💗

 

では、またっ

 

こちらも合わせてどうぞ 

www.plannerkeko.com