結婚式の準備

結婚式準備のスケジュールはこれで完璧!【段取りマニュアル】付き

結婚式のスケジュールをチェックする花嫁

結婚式場での最初の打ち合わせで新郎新婦が真っ先に質問されるのが、結婚式準備のスケジュールのことです。

「今すぐ準備することある?」

「忙しいけど段取りよくできますか?」

結婚式が近づいてきて慌てなくていいようにスケジュールが気になりますよね。

まず知っておいてほしいことは、結婚式場でのプランナーとの打ち合わせが始まるのはどこもだいたい4か月前からということ。

結婚式を申し込んだのは1年前だけど、4か月前ごろまではとくに結婚式場から打ち合わせなどの連絡が無いところも多いです。

「え~~!じゃあ、4か月前まで何もすることがないの?」

そんなことはありません!

1年前から自主的に自分達ができることを進めていくのものよし。仕事が忙しい人などは4か月を切ってからサクサクとスケジュールの波に乗って準備をするのもよし。

どちらにしても「とにかく、段取りを教えて!」と思ってますよね(笑)

今回は、スムーズに準備を進めていけるように「〇月には何をする」など具体的な結婚式準備のスケジュールを公開します。

内容をざっくりと

  • 結婚式準備のスケジュール
  • 打合せが始まる前にできること
  • 準備を段取りよくする為のコツ

結婚式準備のスケジュール一覧

これがずべていっていいほど、きっちり書いてみました。

私が結婚式場でカップルに渡すスケジュール表はもっと細かいけど、それぞれの結婚式場によって違ってくるので、そこのところは省きました!

それでもかなりしっかりしたスケジュール一覧ですよ。

4か月前
  • 結婚指輪の手配(*)
  • ブライダルエステ開始(*)
  • 衣裳選び(*)
  • 手作りアイテムの作成(*)
  • ゲストのリストアップ
  • 招待状作成
3か月前
  • 招待状発送
  • スピーチ・乾杯・余興の依頼
  • ムービーの作成開始
  • 親族の衣装や着付けの手配
2ヵ月前
  • 引き出物の決定
  • 料理やドリンクの相談
  • ケーキの相談
  • 装花の相談
  • 会場コーディネート決定
  • 演出の決定
  • 披露宴の流れ打合せ
  • BGMの決定
1か月前
  • お車代の準備
  • ヘアセット&メイクの相談
  • ドレス小物の決定
  • 前撮り
2週間前
  • ペーパーアイテム印刷
  • ムービーの動作確認
  • ドレスの最終フィッティング
1週間前
  • 両親への手紙を書く
  • ネイル
  • 持ち物チェック

(*)は4か月前でも準備が可能です

結婚式準備のスケジュールの段取りマニュアル

ここから先は準備をスムーズに進める為の注意点やコツが書かれています(*^▽^*)

結婚式の4ヶ月前

だいたい第一回目の打ち合わせが4か月前頃になります。

上の表で(*)が付いている「ブライダルエステ」「結婚指輪の手配」「衣装選び」「手作りアイテムの作成」は結婚式場が決まってすぐに始めることができます。

4ヶ月までで大切なのは、ゲストの招待客をリストアップすることと招待作成です。

その他の項目はそれより早くすすめることが出来るので、時間がある人はどんどんやっていきましょう。

結婚指輪の手配

なんといってもこれから結婚するんだとう実感がわいてくるのが指輪の購入です。

指輪をいっしょに選ぶことで、幸せな気持ちが何倍にもなるんですよね。

結婚式への気分をアゲるアイテム「結婚指輪」の購入も早目がおすすめ(*^▽^*)

ブライダルエステ

「ブライダルエステ」はゆっくり時間をかけて行う方が効果が出やすいです。

10回の施術を3か月で集中して行うより、5か月かけて余裕を持ったスケジュールで通うのがおすすめです。

エステに通うだけではなくゆっくり時間をかけてお家ケアすることによってお肌はゆっくりきれいになっていくのです。

衣裳選び

優柔不断な人はドレス選びを真っ先に初めてください。絶対に!!

迷う人はぎりぎりに衣裳選びを始めると決められなくてオロオロする羽目になるよ…。

ということで、とにかく早目に。

結婚式の4か月前になると、いろいろな準備がかさなって何度もドレスショップに足を運ぶ時間がなくなります。

そもそも人気のショップだと1ヶ月先まで予約がうまっていたりします。

そうなるとドレスを試着する機会も少なくなってしまいます。

また、ドレスショップのレンタルドレスにお気に入りのデザインが見つからなければ、ドレスをオーダーすることになるかもしれません。

そうなったときに3ヶ月や4か月かかるとも考えられます。

早めに動き出すと安心ですよ!

手作りアイテムの作成

手作りでオリジナリティを出したい新郎新婦は「手づくりアイテムの作成」はいつから始めても早すぎることはありません。

たくさんのカップルを見てきましたが

手作りウエディングを目指す場合、なんでもかんでも手作りと決めてしまうとキリがありません。

1年前から始めているのに前日まで何やら作っていたとか…。

花嫁が寝不足とかありえませんから。(実際あるんですけどね)

手作りは、どこまで作るかしっかり計画をたててスケジュール通りにやっていくことが大事です。

手作りは凝れば凝るほど時間がかかりますので早く始めましょう~

ゲストのリストアップ

ゲストのリストアップは、招待状の作成に合わせてかならず必要になっていきます。

手当たり次第に招待状を出すのはダメですからね。

結婚式の招待客の選び方|ちょっとまって、その方法は思い込みかも!リストアップの常識&非常識結婚式の招待客をの選び方をぱっと言えますか?簡単に思えて知らないと失敗することもあるんですよ。やり方を間違えるずにできるように結婚式の招待客の選び方を順を追って説明しています。結婚式の招待客の選び方と選び方の中の常識&非常識も説明しています。...

招待状の作成

招待状は結婚式の2ヵ月半前までに先方へ到着するのが理想です。

それにあわせて招待状の作成を行ってください。

ゲストのリストアップができたら、招待状の作成を進めながらゲストへ直接連絡をとり結婚の報告と招待したい旨を伝えましょう。

「いち早くお知らせしたかった」という歓迎の気持ちを伝えると供に、出欠確認がある程度できるということで、まずは口頭やメールで知らせてください。

招待状を送る前に口頭やメールで伝えるのがマナーです。

招待状は他のペーパーアイテム(席次表・席札・メニュー表)などと同じく、自作or結婚式場手配のどちらかで選べるところが多いです。

結婚式の3ヶ月前

結婚式の披露宴での乾杯シーン

招待状の発送

招待状は先方に結婚式の2ヵ月半前までには到着するようにしてください。

「お急ぎ婚でもう2ヶ月きってるよ~!」って人は、焦らずに発送または手渡しして下さいね。

お急ぎ婚の理由(おめでたとか、転勤するからとか)を説明して、日時を伝えれば結婚式の招待状が届くのが少々遅くなっても大丈夫です。

スピーチ・乾杯・余興などの依頼

主賓へのスピーチの依頼は、招待状を相手が受け取ったころにお願いしましょう。

もちろんそれより前でも大丈夫です。

「スピーチ」を頼む人数に関してはプランナーに一度相談することをお勧めします。

余興や友人スピーチ、その他の演出との兼ね合いもあります。

何人まで大丈夫なのか?

時間配分は?

など確認しておきましょう!

一度スピーチや余興をお願いしてしまったら

「あ、頼みすぎた!時間が延長してしまう!!」

と思っても、いったん依頼したスピーチや余興を取り消すことはマナー違反ですので出来ません。

ムービーの制作

おいたちムービーやオープニングムービーなど自作をする場合は、3か月前頃から始めるのがおすすめです。

ムービーは自分で簡単に作れると聞いたことがあるかもしれませんが、最高傑作を作ろうと思うとどれだけ時間があっても足りません!

一か月前ごろから始めて、「間に合わな~い!」と焦っている新郎新婦をたくさん見てきました!

あなたはそうならないように早めの行動大事ですよ (*^-^*)

親族の衣装や着付けの手配

レンタル衣装や着付けの件は両親にお願いしておきましょう。

自分達を通さずに両親とプランナーがやりとりしてくれると楽ちんですよ(笑)

いつでもいいかな?と思うのが両親衣装の件です。

結婚式が近づいてくると自分達のことで手一杯になるので、忘れないうちに早めに人数など確認してくださいね。

結婚式の2ヵ月前

結婚式場での打ち合わせも一気に加速。

プランナーと時間をかけて打ち合わせを行います。

これぞ結婚式の打ち合わせといった感じです 。

わからないことはここぞとばかりに質問してくださいね (≧▽≦)

一度決めた内容は変更できないの?というとそんなことはありません。

式場によって変更期日が異なりますが、1か月前ごろまではいったん決定した内容も変更が可能のところが多いと思います。

この『変更期日』は式場によって違いますので必ずプランナーに確認してくださいね!

ここで概算の見積もりを出してもらうようにして、お値段と内容が納得のいく範囲で決定してくださいね。

引き出物の決定

そろそろ招待状の返信はがきが戻ってくるころです。

招待人数がわかってくるので引き出物をを決めることができます。

「まだ人数が決定してないから引き出物の個数がわからないよ~」という人も心配しないでください。

仮の個数でOKです。

引き出物の内容を決めるだけで大丈夫。一時発注で個数の決定はまだ先です。

個数はわかり次第プランナーに伝えましょう。

料理やドリンクの相談

料理の見本を見せてもらったり、食材の説明を受けたりしながらプランナーと相談します。

試食ができるのならば、有料でも試食をするのをお勧めします。

ボリュームや味などを確認できて安心。フランス料理やイタリア料理でもお箸を使えるのかなどの確認もこの時に。

ドリンクに関しては、ワインのランクを上げるとか、いいお酒を出すとかもありですがゲスト全員がお酒に詳しいわけではありません。

プランナーのセールストークにのせられてお酒のランクアップをするのはもったいないですよ(笑)

それより、お酒が飲めない人のことを考えてノンアルコールが充実しているコースを選ぶカップルが増えてきています。

おもしろいことに

お酒をの飲む人でもノンアルカクテルを楽しむ姿をよく目にします(笑)

結婚式という特別で華やかな場所では、普段と違った雰囲気のカラフルな飲み物も飲んでみたくなるのでしょうね。

ケーキの相談

作って欲しいイメージに近い画像を予め用意していくとスムーズに打ち合わせが進みます。

最近では、二人だけのオリジナルデザインのケーキを作るカップルがほとんどです。

二人の趣味や職業にちなんだケーキや、カットして食べるのがもったいないようなおしゃれなケーキなど。

このようなケーキ。実は、プランナーが強引に勧めている場合もあります。

結婚式場としては、インスタ映えするケーキが宣伝になるので、カップルに色々なケーキを提案するように指示しているところも多いのです。

中には、

「凝ったケーキより、シンプルに『おいしそう』と思ってもらえるケーキがいいな~。」

と言っているカップルもいます。

私は、そんなカップルにはフルーツたっぷりのケーキやシンプルなチョコレートケーキなど、味が直感的にわかるものを提案します。

「わあ、おいしそう!」という声が間違いなく聞こえてきます。

ゲストは、それが自分達の口に入るのがわかっていますからね(笑)

とは言っても、オリジナルケーキを作りたい人は多いと思うので、そこのところはお好きなようにしてください!

装花の相談

装花のイメージを作る時に気を付けたいのは、季節によって出来るデザイン、出来ないデザインがあるということです。

花は季節によって用意できるものと出来ないものがあるからです。

プランナーと相談する前に事前に自分が思い描くイメージをネットなどで探すことも大切ですが、結婚式を挙げる時期にはどんな装花が出回っているのかも調べましょう。

意外に知られていないのは、切り花として市場に出回る花はイメージしているシーズンより少し早めに出回るということです。

たとえばひまわり(装花に使用するのは小さいやつね)は真夏ではなく梅雨ぐらいの時期に手に入ります。

真夏だと逆に手に入らない!

こんなこともありますので、わからなければプランナーに相談しましょうね。

会場コーディネート

テーブルクロスやナフキン、ショープレートなどのテーブルコーディネートの相談を行います。

会場で用意されたアイテムの中から選ぶのが普通なので、自分のイメージ通りにいかないこともあります。

たとえばテーブルクロスとティファニーブルにしたくても結婚式場が提案する中になかったりとか…。

会場の雰囲気にあわせたアイテムを取り揃えているところが多いので『無いものもある』と覚えておきましょう。

どうしても、イメージと違うったら取り寄せてもらえるかどうか確認するのもありです。

その場合は金額がアップするのを覚悟しましょう。

演出の決定

ここで言う演出とは、テーブルを回って行うキャンドルサービスや、その他オプションで出来る演出の

「こんなのありますよ~」という風に見本がある中から選びます。

演出の持ち込みはほとんどの結婚式場で許可されていないので、どんな演出があるのか気になったら、もっと早くプランナーに聞いてみてもいいでしょう。

こんなのじゃなくて、自分達だけの演出がしたいの!

という人は黙っていてはプランナーは提案してくれません。

ここまで来たら、ほとんどのプランナーが売り上げを上げるために頑張ってきますので(笑)

「こんなイメージで!ここにはないやつ!」というように、しっかり自分の意見を主張してくださいね!

披露宴の流れ打ち合わせ

披露宴の流れを司会者と打ち合わせます。『〇時に入場。〇時にケーキカット。〇時にお色直し』というようなことです。

披露宴のプログラムを作っていきます。

プランナーが同席することもあるし、司会者と3人のところもあります。

だいたいこのタイミングで「スピーチをする人」「乾杯をする人」「余興をする人」などの確認をされるので、間違いがないように名前をひかえていきましょう。

BGMの決定

披露宴の流れが決まったらどこで曲が流せるかがわかります。

入退場やケーキカットなど、お決まりのところはイメージできると思うので、打ち合わせより先に考え始めるのでもいいでしょう。

その場合は、好きな曲を思い出しては書き出す作業をしておくのがおすすめ。

その後、披露宴の流れが決まったら当てはめていくのがやりやすいですよ (*^-^*)

このBGMの件で覚えておいて欲しいことは著作権の問題です。

BGMのセレクトに制限がある結婚式場が多くなってきているのが事実。

結婚式場のプランナーには、自由にBGMが選べるかどうか必ず確認してください。

  • 著作権が発生する曲はまったく選べない(知っている曲ほとんどがNG)
  • 選べるけど結婚式場が用意した曲の中から選ぶだけ
  • 好きな曲が流せるけど必ず買ったCDをもってくること
  • レンタルしたCDやダウンロードした曲を流せる

これらはそれぞれの結婚式場の判断で決めているので、どれにあてはまるのか絶対に確認必要です!

なんなら、ブライダルフェアの時など成約前に確認した方がいいくらい大事なこと。

思い出の曲が一曲も流せないなんて、寂しい結婚式じゃないですか?

結婚式の一か月前

結婚式の前撮り写真

お車代の準備

意外に時間がかかってしまうお車代の準備。

誰にいくらか?新札の手配はどうするの?など、考えることやることが思ったより多いんです。

しかも、地味な作業なのでテンションがあがりません(汗)

しかし

以下の記事に目を通せばテンションあがります。

ヘアセット&メイクの相談

優柔不断や人や、じっくり考えたい人もさすがにドレスも決まっていることでしょう。

ドレスが決まったらヘアメイクの相談やヘアメイクリハーサルを行います。

ヘアメイクリハーサルは、当日と同じように実際にヘアセットとメイクをスタイリストさんとメイクさんにやってもらうことです。

ドレスの試着が出来る場合とできない場合があります。

ドレスを購入する予定の人は購入ドレスはヘアメイクリハーサルに間に合うように手配すると完璧。

ドレスを式場やショップでレンタルの場合は

たいていはヘアメイクリハーサル時ドレス着用はできないと思ってください。

ヘアメイクリハーサルは時間制限があります。

リハーサルが始まってから「どんなのにしようかな?」とヘアセットやメイクを考え始めると時間がもたいもったいない!

写真やスクショでイメージを用意してからヘアメイクリハーサルに望みましょう

それと、勘違いする人がいるのでいちおう言っておきますね(笑)

「黙っていてもキレイにしてもらえるんでしょ?」と思っているいる人がいますが、黙っていても仕上げてくれるのは芸能人だけです。

たいていはメイクさんやスタイルストさんたちに「どんなイメージ?」って聞かれますので、少しは考えてきてくださいね~。

どんな仕上がりでも文句言わないよ!っていうなら話は別ですが、最低でも「ナチュラに」「しっかりめに」ぐらいは答えられるようにしましょ!

ドレス小物の決定

小物やアクもたいセサリーはドレス選び時にドレスショップで決めてしまうことが多いですが・・・。

こだわりのアクせサリーを自分で用意する場合は、時間がかかってしまいます。

前撮り前には必ず決定するようにしましょう。

今は、インターネットでブライダル関係のアクセサリーも手に入るようになりました。

お値打ちなアクセアリーもたくさんあって、迷ったからいくつか購入したという花嫁も。

このアクセサリーをヘアメイクリハーサル時に持って行って合わせてもらってその場で決定すると間違いがありません。

もちろん、結婚式場にあるアクセサリーがプランに入っていたりする場合は遠慮なく使うといいですよ。

ただし、プラン込みや無料のアクセサリーはショボかったりするので事前確認を怠らすに~!

前撮り

前撮りが1週間や2週間前ではなく少し余裕を持って1か月前としているのは、前撮りの写真をウエルカムボードに使用したり、ムービーに入れることもできるからです。

1か月前とは言わずに、それより早くてもなんら問題ありません

寧ろ早いのがおすすめです。早いのに越したことはありません (*^-^*)

前撮りの写真データは金額に含まれるところと別売のところがあります。

特にデータをウエルカムボードやムービに使いたい場合は、前撮り後どれくらいでデータが手に入るのか必ず確認しておきましょう。

前撮りは画像処理をするのが普通なので

データが意外もらえるまでに時間がかかったりしますよ (;^ω^)

スナップ写真のようにすぐにもらえるわけではありません。

当日もらえると勘違いして2週間かかると言われたらショックですよね。

データが早くほしかったら必ず確認をしておきましょう

結婚式の2週間前

2週間前はすべての準備がほとんど終わって楽々~~~

といいたいところですが、、実はしっかりとやることがあります。

ペーパーアイテム印刷完了

2週間前ごろに印刷するペーパーアイテムというのは、席次表と席札のことです。

もっとはやく印刷しちゃだめなの?

と思ったかもしませんが、実は欠席者が出た時の為にあえて2週間前ぐらいに印刷しているのです。

印刷前だったら原稿の変更ができますからね~。

ですので、結婚式場へ依頼している場合、印刷原稿の確認の締め切りが2週間前ぐらいになります。

自作する場合は、2週間よりもっと後で印刷してもいいでしょう。

ペーパーアイテムの提出が何日前までに・・・と決められているところもあるので、必ず確認してそれには間に合うように印刷してくださいね。

ペーパーアイテムは色々ありますが絶対必要なのは、招待状、席次表、席札の3種類です。

「他の人と差をつけたい!オリジナリティを出したい!」

という人にはこちら。

結婚式のペーパーアイテムはどんな種類があるの?かわいいアイテムで二人らしさを出そう結婚式が決まったらペーパーアイテムにはこだわって二人らしさを出そう!そう思っているあなたの為にペーパーアイテムの種類や役割、作成のタイミングなどを紹介しています。絶対必用なペーパーアイテム。なくても良いけどあった方がいいアイテムなど詳しく書かれています!...

ゲストに「あ💓」と思わせるペーパーアイテムを紹介しています。

ムービーの動作確認

「DVDの動作確認」とは

披露宴会場の機材で実際に上映できるかどうか

音は問題なく入っているかなどのチェックをすることです。

自作の場合にありがちですが

作り方が間違っていて映らない事や、スムーズに上映できないことがあります。

間違っていたりした場合はやり直しの時間が必要になります。

失敗しない自信があっても何があるかわかりません

動作確認は2週間前と決めずにそれより早く完成したらすぐに持っていくようにしましょう。

2週間前はぎりぎりです。

ドレスの最終フィッティング

試着時にピッタリだった衣装もダイエットの成功でお直しが必要になることもあります。

一つのドレスで2~3サイズ対応できるフリーサイズドレスがあります。

わかりやすくいうと

7号~11号の間でフリーなら、その間なら背中の紐などで調整してお直しなしで着れるもの。

11号サイズの人がダイエットで9号になって痩せてもぴったりサイズにできて安心です。

これと同じドレスが、7号サイズの人が幸せ太りで9号サイズになっても同じドレスがサイズ直しなしでも着れるということですね。

逆に

ワンサイズドレスというのがあります。

9号なら9号とぴったりサイズに作らせているドレスです。

後ろに調節できる紐はついていません。

大き目のドレスなら縫い縮めないとダボっとして着れません。

ワンサイズのドレスは挙式日が近づいたらもう一度試着をしましょう。

というより、ワンサイズ対応のドレスを選んだ時ドレスショップの方から最終フィッティングをお願いされるところもあります。

ドレスショップによっては最終フィッティングが有料になるところもあるかもしれませんので、必ず確認してくださいね。

挙式の1週間前

両親への手紙

両親への手紙を書く

気分が盛り上がっている前日に書きたいという花嫁や、忙しいから直前にしか書けないという花嫁がいますが、やめておいた方がいいです。

寝れなくなります。

せめて2~3日前には書くようにしましょう。

理想は1週間前に書くことです

これと同時に行う「持ち物チェック」で不備があったら、慌ててしまって手紙どころじゃなくなります。

だから、ちょっと早めに書き始めてくださいね。

ネイル

爪は伸びますのでこれ以上早くするのはお勧めではありません。

かと言って数時間もかかるネイルを結婚式前日とかにするとなると翌日の最終チェックで忙しいのに身動きが取れなくなります。

ネイルを前日に予約して、やり残したことが出来ず、夜中に泣く泣くやってた花嫁がいました。

寝不足で最悪です。

となると、仕事が休みである前の週の週末がチャンスなのです。

普段ネイルをされていない人はよく覚えておいてくださいね。

持ち物チェック

結婚式場で通常用意してくれるチェックリストだけを信用せずに

自分達が手作りしたウエルカムグッズや、ウエディングアイテムもちゃんと出来ているか確認しましょう。

1~2日前の確認では間に合わずあたふたしてしまいますよ~(笑)

結婚式当日『持ち物リスト』30選!プランナーが教える絶対持って行くべき便利な物結婚式当日は沢山準備するものがあり持ち物リストが必ず必要になります。ところが結婚式場で渡される持ち物リストには載っていなけど便利な物があるって知っていますか?現役プランナーが長年見てきた結婚式当日で絶対必要だと思ったアイテムを持ち物リストとして紹介します!...

結婚式準備のスケジュール:まとめ

これはあくまでも一般的な流れですが、やらないといけないことはほぼ網羅されています。

「こんなにあるのかぁ!」

と思っても、意外と順番に流れにのって進んでいくものですよ(笑)

プランナーが、「次はこれ、その次はあれ」というように順に説明してくれますので、それに従って進んで行ってくださいね。

結婚式準備も思い出に💗

ここまで読んでくれてありがと

では、またっ