結婚式のお呼ばれ

夏の結婚式は暑い!ゲスト男性はジャケットなしでもいけるのか

結婚式に出席するスーツ姿の男性

今回は、『夏の結婚式は暑い!ゲスト男性はジャケットなしでもいけるのか』ということで

夏の結婚式に招待された男性の服装について説明しています。

「夏の結婚式・・・夏はやめて秋にしてよ」と言いたい気持ちはわかるけど

日にちを変えて欲しいとは言えません。

暑くても夏の結婚式でも男性ならスーツが必須。

でも、暑いからできればジャケットは着たくないしクールビズで出席したらダメなのか?

と思ってしまいますよね。

この記事を読めば、夏の結婚式でもクールビズがどこまでOKなのかがわかります。

マナーを守ってどこまでクールに装えるか丁寧に解説します。

この記事はこんな人の約に立ちます。

  • 夏の結婚式に招待された暑がりの男性
  • 夏の結婚式でも夏らしいおしゃれをしたい男性

最後まで読めば涼しくなる方法を知るだけでなく、おしゃれな男性としても注目されるようになりますよ。

夏の結婚式の男性のジャケットなしってどうなの?

披露宴中はエアコンが効いた室内。

だけど、ガーデンで演出があったり、フォトタイムで外に出たりとなんだかんだで汗をかきます。

夏の結婚式でも男性はジャケットは必須!

結婚式の披露宴では男性はスーツを着るのがマナー。

そして結婚式ではジャケットは必須です。

「暑いからクールビズでもいけるんじゃないかと思ったのになぁ」

と思っていた人いるデショ?

大事なんで2回いいますヨ。結婚式ではジャケットは必須。

なぜかと言うと、通常ジャケットの下に着るシャツはもともと下着だったから。

「今はもう、下着じゃないじゃん!」

という意見もあるかと思いますが、マナーとはこういうもの。

スーツとして形はかわったけど、下着だったとい事実だけはずっと残っているんです。

伝統を受け継いでそれが定番化していて

誰に対しても見苦しさや違和感を感じさせない形になっているのがマナーです。

ですので、正式な場では下着を彷彿させるシャツはNG。

ジャケットを脱ぐということはフォーマルな場で下着になるようものです。

なのでジャケットを家に置いてくることがないようにしましょう。

でも夏の結婚式は暑いからジャケット脱ぎたい!

そうですよね。

暑いですよね。

実は、ベストを着用していればジャケットを脱ぐことができます。

シャツは元々下着ですが、ベストは下着だったわけではありません。

「暑い夏にジャケットかぁ」

と思われるかもしれませんが、ジャケットを脱げると思えば最高です(#^.^#)

フォーマルのクールビズだと思ってください。

で、ベストって暑いと思いますか?

ベストを持っている人はわかると思いますが、ベストの背中の部分はうす~い生地で出来ているのです。

その為、ベスト一枚増えたぐらいではそれほど暑くないのです。

これは、スーツにベストのシルエットが響かなくするようにこのように出来ているのですが

夏に着用するにあたって本当に助かります。

ベスト万歳\(^o^)/

ベストは冬も夏も着用できる万能アイテム。

夏の結婚式では大活躍ですよ。

ジャケットを脱ぐためにはベストは必需品です。

結婚式でジャケットを脱ぐ時の注意

ジャケットはどこでも脱いでいいとは限りません。

ジャケットは脱ぐタイミングがあります。

結婚式場までの道中ではジャケットを手に持ってあるいていてもちろんOK。

結婚式場の入り口をくぐるときはジャケットを着用しよう。

受付が終わるくらいまでジャケットを着ていた方が無難。

ウエルカムドリンクあたりから脱いでもいいでしょう。

結婚式はフォーマルな場なので、結婚式場に訪れる時や挙式中はジャケットを着用してください。

挙式は厳粛な儀式ですのできっちりとした格好で参列するものです。

挙式後は披露宴が始まります。

披露宴では乾杯が食事開始の合図となり宴会に入っていきます。

その時に周りを見渡して皆が席をたって動き回っているようであれば、ジャケットを脱いでもいいでしょう。

だらだら書いたけど、まとめるとこんな感です。

結婚式場までの道中 ジャケットなし
結婚式場に到着時 ジャケット着用
挙式までの待ち時間 ジャケットなし
挙式中 ジャケット着用
披露宴の乾杯後(食事開始) ジャケットなし

その後ずっとジャケットなしで大丈夫。

夏の結婚式で男性のノーネクタイや半袖シャツはOK?

半袖を着たいその気持ちは痛いほどわかります。

夏の暑い日にスーツでネクタイだと首回りがとんでもなくムレる…

ネクタイはずして襟元がばっと開けたい気分ですよね。きっと。

ネクタイは暑いから蝶ネクタイがおすすめ

ジャケットいらないならネクタイもしなくていいのでは?

ノーネクタイは絶対にNGです。これだけは結婚式で忘れないようにしてください。

ネクタイを外してしまうと、ネクタイのみならず、羽目を外したように見られます。

ネクタイも羽目を外したいなら2次会で外しましょう。

とはいっても、ネクタイは布を首に巻くようなものなので首回りが暑くて仕方ないですよね。

そこでおすすめなのは蝶ネクタイです。

結婚式は、普通のネクタイだけでなく蝶ネクタイなどを着用することもできます。

なぜ、おすすめなのかというと

蝶ネクタイは通常のネクタイより涼しいのです。

ネクタイは、シャツの襟の中に入り込む部分って布が分厚いですよね。

蝶ネクタイと比べるとわかるのですが、

蝶ネクタイは襟に隠れる部分は細目の紐みたいなものなんです。

だから若干涼しい。

「それっくらいじゃ変わんねーよ」

って言う人は一度試してから 言え  言ってみてください。

パステルカラーで涼し気な色合いをポケットチーフとセットで買っておけば、結婚式で年中役立ちますよん。

特別感があっておしゃれです。ぜひお試しください。

ノーネクタイはダメだけど蝶ネクタイにすると少し涼しくなるのでお勧め。

半袖シャツは隠れるからいいよね?

いいわけないです。

半袖シャツをスーツの下にフォーマルな場で着るのはNG。

ジャケットの下から長袖のシャツの袖を少し見せるのがマナーです。

半袖シャツを着ていたら当然のことながら袖口が「見えない」ので速攻でバレる。

それに、半袖シャツを着ていてはジャケットを脱ぐことができませんので結果的に涼しく過ごせません。

半袖シャツを着たいのは我慢して長袖シャツを着用しよう。

披露宴は小物使いで涼しく見せる

友人の結婚式に招待された場合

結婚式出席するときのスーツは濃いグレーや紺色などが正式とされています。

でもネクタイやチーフは比較的明るめな推奨。

ピンクや水色など夏らしい涼し気な色を選ぶことで、気分もよくなります。

季節感を意識するると途端にセンスよく思われるよ。

避けた方がいい色は茶色や紺色などの濃い色目。

黒はNG!論外!ということはご存知だと思いますが、濃い色は見た目にも暑い印象です。

素材は光沢のあるものがよく、華やかさと涼しさが同時に演出できるんですよ。

模様は、アニマル柄やキャラクターものなどは避けて、ドット、ストライプ、チェックなどから選びましょう。

キャラクターものはたとえブランドでも避けましょう。

夏ならではのコーディネートをしてテンションを上げていきましょうね。

夏の結婚式は暑い!ゲスト男性はジャケットなしでもいけるのか:まとめ

  • 結婚式のお呼ばれでは絶対にジャケットは必要
  • ベスト着用ならジャケットを脱ぐことはできる
  • 結婚式場に到着時、挙式中、披露宴の乾杯まではジャケットは着ていよう。
  • 半袖シャツは暑いからといっても着用NG。着てたらバレるよ!
  • 明るいパステルカラーのネクタイやポケットチーフで涼しさを演出しよう

たとえジャケットを脱いだベスト姿は、普段あまり見ないのでおしゃれ感があります。

最近の結婚式の特徴として、ガーデンに出るというのが定番化してきています。

挙式や披露宴は冷房が効いた館内でおこなうことが一般的ですが

ガーデンでフラワーシャワーや演出をしたりとか、真夏でも容赦なくあります。

新郎新婦にとっては一生に一度の自分達の結婚式!

気合いが入って当然。

真冬でも真夏でも素敵なガーデンでの写真を残したいという気持ちがあるんですよね~。

ガーデンに出ない選択肢なんてナッスィイング。

夏だとゲストは

「あっぢ~!」

て叫ぶこはめに。

ガーデンタイムでももちろんジャケットなしでOKです。

夏の結婚式も楽しく涼しく(それでも暑いけどね)行ってらっしゃ~い❤

ここまで読んでくれてありがと💗

では またっ